スプラトゥーン2 A帯からウデマエが上がらないイカのための攻略研究所

プロモデラーPGの立ち回りとおすすめギア! ウデマエを上げる3つのコツ!

約 6 分

プロモデラーPGの性能

スプラトゥーン2 プロモデラーPGの使い方、立ち回り攻略

射 程
2.1
攻撃力
24
連射力
4F
サブ クイックボム
スペシャル ナイスダマ
SP必要P 190p
入手ランク 29
値段 19000
おすすめ度 ★★★☆☆

プロモデラーPGの特徴 強い・弱いところ

スプラトゥーン2 プロモデラーPGの強いところ

強いところ -Strong point-

シューター最速の連射力があり、塗性能が高いブキです。
扇状に前を塗ることができ、塗りたい場所を素早く塗れます。

サブにクイックボムがあるので火力の補助や味方の撃ち合いのカバーに入りやすいです。

スペシャルにナイスダマがあるので強気に前で暴れたり、長射程相手にも攻撃を仕掛けることができます。

塗り性能が高いためナイスダマを投げられる回数が多く、チャンスを作りやすいです。

  • 塗り性能が高い
  • スペシャルの回転率が高い
  • 使いやすいサブスペの構成

弱いところ -Weak point-

射程が短く、連射力は高いものの1発24ダメージで5確の攻撃力なので敵を倒す速度が遅いです。

塗りには活かせるもの弾の拡散が大きく、弾ブレが大きいです。
まともにエイムがあっていても弾が当たらないこともしばしばあります。

おおよそガチマッチは射程で編成を振り分けられることが多いため、短射程は前線をキルで押し上げるブキが多いです。自分がその枠に振り分けられてしまうことがあるので塗りを必要としない編成や自分が前に出なければならい場合もあります。

  • 射程が短い
  • 弾ブレが大きい
  • メインの火力が低い
5確で火力が低い!
スプラトゥーン2 プロモデラーPGの弱いところ
CHECK!

連射力が高く塗りに特化したシューター。何度か修正されたこともありメインでの塗性能は最高峰という役からは落ちてしまいましたが、それでも塗り性能はそれなりに高いです。

連射力はあるものの、射程が短く、弾ブレが大きいうえに1発のダメージが少なく、5確の性能なのでキルを狙うには火力不足です。

スペシャルの回転率が高いので、スペシャルを積極的に使うことができます。

サブはクイックボムなので牽制や味方のカバーに入りやすく、射程の短さとメインの火力をを補うことができます。
スペシャルはナイスダマなので一定地点の敵を退けることができます。

本質的には塗りしかできないと言ってもいいブキです。そのため塗りサポートを極めることができるかもしれません。

プロモデラーPGの主な立ち回り

ステップ 1

中央に向かい塗りで盤面を作る!

スプラトゥーン2 プロモデラーPGの立ち回り

中央の付近の主戦場となる地点にむかい、塗り性能を活かして塗るに回るのがおすすめです。

味方の足場を積極的に確保することで味方は動きやすく、敵は動きづらい環境を作るのが狙いになります。

味方が後ろに下がれるような塗りを作っておくと前線が維持しやすくなります。

ステップ 2

クイックボムで味方の援護!

プロモデラーPGの立ち回り 

盤面が整ってくると移動の軽さで奇襲や味方のサポートに入りやすくなります。

サブにクイックボムがあるので、味方の撃ち合いにカバーに入ったり、背後や側面から敵に投げつけてメインの火力を補うことができます。

自分から攻撃を仕掛けに行くのは難しい場面が多く、プロモデラーPGの場合はキルよりも塗りで盤面を維持し、デスしないでスペシャルをためていくのが無難です。

ステップ 3

ナイスダマで敵を退ける!

スプラトゥーン2 プロモデラーPGの立ち回り

塗り性能が高く、スペシャルがたまりやすいのでナイスダマが使いやすいです。

ナイスダマは一時的にアーマーをまとえるので、前線で戦い苦しくなりそうなタイミングで発動することで自衛しながら攻撃に切り替えることができます。

爆風と塗りが発生するので敵を退けることができます。
敵の視線もナイスダマに取らせることも狙えるため味方が敵を倒しやすくなることもあります。

劣勢時はメインで突っ込むのではなく、スペシャルをためることで一気に逆転も狙えます。

主に中衛よりのポジションで塗りで盤面を維持していく立ち回りがおすすめです。
キル性能が低いので何も考えなしに前に出ると返り討ちに合ってしまいます。

塗りで盤面を作り、前線を維持していくの理想的です。塗りサポートで味方が動きやすき、敵が攻め込み難い状況を作っていきたいです。

射程が短いので自陣を塗り固めてしまうと、味方がスペシャルをためることが難しくなるため、中央の手前から塗っていきたいです。リスポーン地点をベタ塗りしてしまうと味方のスペシャルがたまらないだけでなく、味方のやる気もそいでしまう可能性があります。

盤面が整ってきたら、生存を意識しながらクイックボムで味方のカバーに入ったり、敵の背後から投げることでメインの火力を補ってキルを狙うこともできます。

中央をある程度塗った頃にはスペシャルが溜まっているので、タイミングよく使っていきたいです。

スペシャルのナイスダマは一定の地点の敵を退けることができます。

ナイスダマは前線を押し上げるのにも使えるため臨機応変に使い分けていきたいです。

塗り役の都合上、自分がデスしてしまうと状況が悪化してしまいます。
直接キルを狙うのが難しいため、いちど押し込まれてしまうと塗りでの圧を仕掛けるまでに時間が必要になり苦しい状況になってしまいます。

味方の人数が不利であれば引いて、味方が戻るのを待つのも重要です。

また、盤面を維持中に味方がデスしたさいには自分にジャンプで飛んできてもらえるように安全な位置で味方を呼ぶなど、ビーコン代わりにつとめるのも効果的です。

自分よりも射程の短いブキ

ボールドマーカースパッタリーノヴァブラスターパブロホクサイ

自分よりもキルタイムが遅いブキ

ジェットスイーパークラッシュブラスターラピッドブラスターRブラスターエリートL3リールガンパブロホクサイバケットスロッシャーヒッセンスクリュースロッシャー14式竹筒銃・甲パラシェルタースパイガジェット

撃ち合いの目安

ポジションを無視した平面での撃ち合いでは射程とキルタイムの差が撃ち合いの有利不利に繋がります。

射程は全体的に見てもかなり短いブキです。
キルタイムは短射程ブキの中でも遅く、射撃精度が悪いので実際はもう少し遅くなることもあります。

正面からの撃ち合いは分が悪く、横や背後を取れない状況での撃ち合いは避けるのが無難です。

不利な撃ち合いは避けて、デス数を減らすことで安定した塗りとスペシャルの回転数で押し込んでいくのがおすすめです。

射程の長い相手は正面からの撃ち合いは不利なので、背後や側面を狙ったり味方と詰めるのが無難です。

プロモデラーPGのおすすめギアパワー

  • サブインク効率特化

  • インク効率アップ(メイン)

  • インク効率アップ(サブ)
  • イカダッシュ速度アップ
  • サブ性能アップ
  • クイックボムを積極的に使う立ち回りにおすすめです
  • ギアパワーの詳細
  • 機動力特化

  • イカダッシュ速度アップ

  • イカダッシュ速度アップ
  • メイン性能アップ
  • スペシャル減少量ダウン
  • 機動力を強化することでより素早く前の塗りを作ることが狙えます
  • ギアパワーの詳細
  • スペシャル特化

  • スプラトゥーン2 ギアパワー スペシャル増加量アップ

  • スペシャル増加量アップ
  • スペシャル減少量ダウン
  • イカダッシュ速度アップ
  • スペシャルの回転数を上げて積極的に攻めにいくことが狙えます
  • ギアパワーの詳細

プロモデラーPGの関連記事

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE