スプラトゥーン2 A帯からウデマエが上がらないイカのための攻略研究所

オーバーフロッシャーデコの立ち回りとおすすめギア! ウデマエを上げる3つのコツ!

約 9 分

オーバーフロッシャーデコの性能

スプラトゥーン2 オーバーフロッシャーデコの使い方、立ち回り攻略

射程
2.9~
攻撃
30
連射力
32F
サブ スプリンクラー
スペシャル キューバンボムピッチャー
SP必要P 190p
入手ランク 20
値段 17600
おすすめ度 ★★★☆☆

オーバーフロッシャーデコの特徴 強い・弱いところ

スプラトゥーン2 オーバーフロッシャーデコの強いところ

強いところ -Strong point-

射程が長く、地面や壁などでバウンドや反射する4連の泡を撃ち出すことができます。

地面で3回バウンドするまで泡が消えることはなく、落下などによるダメージの減衰もありません。

コロコロと弾が転がっていくので塗り性能も高いです。

サブのスプリンクラーとスペシャルのキューバンボムピッチャーでさらに塗り性能を高めることができます。

  • 塗り性能が高い
  • 射程の長い跳ねる跳弾
  • 地形によるダメージ減衰がない
射程の長い跳弾!

弱いところ -Weak point-

弾速が遅く的確に敵を倒すのが難しいです。
接近戦は4発当てなければならない都合上、スライドなどで弾を交わしながら詰められてしまうと厳しくなります。

逆に距離が離れ過ぎてしまうとより交わししやすく、メインやサブで対応されてしまう可能性があります。

メインのインク消費も多く、遠くから塗ってスペシャルをはくだけという動きだと敵に圧力を与えるのが難しくなります。

  • 弾速が遅い
  • インク消費が激しい
  • 敵を確実に倒すのが難しい
的確に敵を倒すのが難しい!
スプラトゥーン2 オーバーフロッシャーデコの弱いところ
CHECK!

1度に4連の泡の跳弾を撃ち出すことができるスロッシャー。撃ち出された泡は地面で3回バウンドするまで残り、唯一スロッシャーで1トリガーで倒すことができます。

泡は跳ねた回数も関係なく、高いところから打ち下ろしても威力が下がりません。そのため斜め上方に打ち出したり、高いところから撃ち出すと3回バウンドするまで弾が残るため飛距離がかなり伸びます。

場所によってはリッター4Kの射程するら超えることもあります。
とくにタチウオパーキングでは、どのブキよりも遠くから中央のホコを割りにいくことができます。

また、この泡は対物攻撃力が高くホコやイカスフィアを簡単に壊すことができます。連射力が高いため、インク消費を考えなければかなりの範囲を塗り広げることができます。

単純に良いこと尽くめの性能に見えますが、泡の弾速は遅く狙った敵にしっかりと4発の弾を当てていくのは難しいです。

射撃するときに左右に振ると拡散するように泡を出すことができます。
索敵のさいはこちらのほうが有効な場合もあります。

弾が遅いので、ある程度相手の動きを予測しエイムを予め置いておくと当てやすくなります。素早い細かな塗りも苦手です。

サブはスプリンクラーなので手前の塗り返しをスプリンクラーにまかせて自分はメインで前を塗り拡げることが狙えます。

スペシャルはキューバンボムで盤面の制圧や前線を押し上げるのに重宝します。塗り性能が高いのでわりとスペシャルの回転率が高いです。

他とは違うブキの特性を持ったスロッシャーです。

オーバーフロッシャーデコの主な立ち回り

ステップ 1

敵に接近されづらい位置から牽制!

スプラトゥーン2 オーバーフロッシャーデコの立ち回り

射程が長く、弾が残るので敵の侵入地点に向けて弾を流すことで敵の侵攻を阻むことが狙えます。

塗り性能も高いので、牽制していくことで結果的に中央の盤面を取ることもできます。

おおよその敵の位置を把握しておくことで、射程管理がしやすくなります。
弾速が遅いので敵との距離が離れすぎていると有効打になりにくいので前に出たり引いたりと押し引きが狙えます。

味方のカバーに入ることで敵の目くらましや、退路を奪う塗りや弾を置くことが狙えるので味方の援護も強力です。

ステップ 2

スプリンクラーを活用して塗り拡げる!

オーバーフロッシャーデコの立ち回り 

塗りを固めつつ、敵の人数を確認して少しづつ前に出ていくのがおすすめです。

自分がガンガン前に出てキルや圧力をかけていけるタイプのブキでもないので、常に人数状況を確認し、人数が有利なら前に出て、不利なら下がるといった立ち回りが重要です。

射程の管理やチャージの動きに慣れるまでは、敵の位置よりも味方の位置を優先して動くのがおすすめです。
味方が先に敵を見つけて撃ち合っていることが多いので、擬似的なセンサーとして見ることができます。

自陣手前の気になる塗り替えしはスプリンクラーに任せることが狙えるため前へメインのインクが飛ばしやすいです。

射程が長いので安全圏から敵陣に塗りや泡を飛ばしていくことができるため、泡が邪魔で前に出られないといった状況にしていくことが狙えます。

敵にインクが当たる位置まで移動しないと相手に強味を押し付けるのが難しくなります。

ステップ 3

キューバンボムピッチャーで盤面を制圧!

スプラトゥーン2 オーバーフロッシャーデコの立ち回り

キューバンボムピッチャーは塗替えしや敵に圧力をかけることができるので下がらせることが狙えます。

発動中は無防備になりやすいので安全を確保してから投げる必要があります。

発動したらできるだけ広範囲にばらまいて、しっかりと複数個投げきるのが理想です。

防衛時を除き、基本的には自陣での塗替えし目的で使うのはもったいないスペシャルなので中央や敵陣に向けて使用するのがおすすめです。

主に中衛のポジションで前線の維持を意識した立ち回りがおすすめです。
弾がはずんで射程が伸びることもあり、連射力もあることから高台でバシャバシャと構えたくなりますが、後ろにいるよりも少し前で動いていきたいです。

高台からだと、確かにある程度は敵を牽制することはできますが、弾が遅いため相手の事故を待つプレイになちがちです。

1トリガーで倒せること、跳弾が残ること、スロッシャーであるということを意識していきたいです。

壁裏への曲射は弾の軌道が確認しやすいので意外と思っているところに狙って撃つことができ、弾が残るので狭い通路や障害物を使った撃ち合いに強みがあります。

相手が近寄りづらくなるので、敵を誘導していくことも狙え、味方との連携が仕掛けられます。

オーバーフロッシャーは弾が遅いため塗りに即効性がなく、前線を押し広げてくれるシューターやマニューバーなどが味方にいないと動きづらいところがあります。

前線を作ってくれそうな味方と一緒に動くことで安定して前線を維持していくことができます。

サブのスプリンクラーも合わせて積極的に塗り拡げることができ、スペシャルもためやすいです。

スペシャルはキューバンボムピッチャーなので一気に盤面の制圧や前線の押し上げが狙えます。発動中は無防備になりますが攻守に強力なスペシャルなのでここぞの場面で使える準備をしていくのがおすすめです。

独特のエイム感があるため、適当に振っていても当たるときと、全然当たらないときの差がでやすいブキなので使って慣れていきたいです。

自分よりも射程の長いブキ

スプラスコープ4Kスコープ

撃ち合いの目安

ポジションを無視した平面での撃ち合いでは射程とキルタイムの差が撃ち合いの有利不利に繋がります。

射程は全ブキの中でも長い部類のブキです。1トリガーで倒せる性能がありますが4発当てるという都合上、キルタイムは状況によってまちまちです。

平面でのカスあたりの射程はスプラチャージャなみにありますが、確定数を維持できる距離は4.5本ぶんくらいの射程になります。

また、高台などで上手く弾が跳ねるとリッター4K以上の射程になることもあります。

弾速がとにかく遅いので敵の動きを予測した置き撃ちや、反射を利用して跳弾を活かしていくのがおすすめです。

多少、相手の事故頼みになるケースもありますが、反射や射程を活かせる狭い場所やごちゃついた場所に誘い数を打てばなんとかなることが多いです。

広い場所だと的確に当てていくのが難しくなるので、直線だけでなく横に振って拡散を当てていくのも効果的です。

オーバーフロッシャーデコのおすすめギアパワー

  • メインインク効率特化

  • インク効率アップ(メイン)

  • インク効率アップ(メイン)
  • 相手インク影響軽減
  • イカダッシュ速度アップ
  • メインを振れる回数を増やすことで継続的な圧をあたえることが狙えます
  • ギアパワーの詳細
  • スペシャル特化

  • スペシャル増加量アップ

  • スペシャル増加量アップ
  • スペシャル減少量ダウン
  • インク効率アップ(メイン)
  • キューバンボムピッチャーの回転率を上げてチャンスを増やすことが狙えます
  • ギアパワーの詳細
  • サーマルインク

  • スプラトゥーン2 ギアパワー サーマルインク

  • サーマルインク
  • イカダッシュ速度アップ
  • スペシャル減少量ダウン
  • 射程との相性がよく敵の位置を見ながら動くことが狙えます
  • ギアパワーの詳細

オーバーフロッシャーデコの関連記事

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE