スプラトゥーン2 A帯からウデマエが上がらないイカのための攻略研究所

スクリュースロッシャーの立ち回りとおすすめギア! ウデマエを上げる3つのコツ!

約 12 分

スクリュースロッシャーの性能

スプラトゥーン2 スクリュースロッシャーの使い方、立ち回り攻略

射程
3.0
攻撃
76(38)
連射力
33F
サブ ロボットボム
スペシャル ハイパープレッサー
SP必要Pt 190p
入手ランク 13
値段 12600
おすすめ度 ★★★☆☆

スクリュースロッシャーの特徴 強い・弱いところ

スプラトゥーン2 スクリュースロッシャーの強いところ

強いところ -Strong point-

射程と連射力がそこそこあるスロッシャー。
スクリュー弾という特性もあるため壁うらなどへの曲射が強力です。

ちょっとした障害物や高台下を使うことで曲射の強味を存分に振るうことができます。

ヒト移動も軽いため警戒に射撃していくことができます。

サブはロボットボムなので索敵や揺動に使うことができ、邪魔な敵をどかしたり自分の有利ポジションに仕掛けやすくなったりと便利に使えます。

スペシャルはハイパープレッサーなので一方的な射程で押し込みや防衛にと積極的にルールに関与していくことができます。

  • 曲射が強力
  • 射撃後のヒト移動が軽い
  • サブスペで射程を補うことができる
スクリュー弾による爆風と曲射!

弱いところ -Weak point-

連射力があると言ってもスロッシャーの中ではの話しで、接近戦になってしまうと基本的に直撃が必要な上、相手の連射力とキルタイムの差で不利を強いられてしまいます。

2確でヒト状態をさらす時間が長めなため自分よりも射程の長い相手に目をつけられると厳しくなります。

スペシャルのハイパープレッサーは強力ではあるものの、下がって安全圏から使いたいスペシャルです。

自分が下がりすぎてしまうと前線が下がってしまう可能性もあり、どの程度下がるべきかの判断が難しくスペシャルの吐きどころが難しいです。

  • 敵を倒す速度が遅い
  • 基本的に直撃が必要な場面が多い
  • スペシャルの吐きどころが難しい
敵を倒す速度が遅い!
スプラトゥーン2 スクリュースロッシャーの弱いところ
CHECK!

渦を巻いた放物線上のスクリュー弾を放つことができるブキ。
弾の周囲にもダメージ判定があり、38ダメージを与えることが出来ます。

直撃であれば76ダメージが与えられ、ブラスターの直撃時のような音がします。そのため、与えたダメージが把握しやすいです。

直撃を与えれば、渦のダメージでも倒すことができるので有利に立ち回りやすくなります。渦だけだと3確なので、直撃を狙っていきたいです。

このスクリュー弾は金網をすり抜ける性質があるため、金網上の相手にはエイム力が要求されます。

渦をまとっているため壁裏や壁に張り付いている敵に対して攻撃があたりやすいです。スロッシャー特有の曲射が強いため、壁や遮蔽物を使った攻撃が強いです。

ヒト移動速が速いため、射程管理や遮蔽物を使った動きが取りやすいのも魅力です。

塗りはそれほど強くないので、足場があるところで動くか潜伏を使って動いていきたいです。
サブはロボットボムなので索敵にも使えるので、塗りでのクリアリングの難しさをカバーできます。

スペシャルはハイパープレッサーでガチマッチでのルールに関与した動きを狙うことが出来ます。

連射が遅いので、平面での撃ち合いには弱いですが壁裏や障害物を使って相手に不利な状況で、こちらは有利になるように動いたり、射程を活かして動きたいです。

スクリュースロッシャーの主な立ち回り

ステップ 1

中央の障害物を使ってキルを狙う!

スプラトゥーン2 スクリュースロッシャーの立ち回り

まずは人数有利を作るためにキルを狙いに行きます。

射程が長く障害物や地形を利用して有利な位置から攻撃を仕掛けるのがおすすめです。

序盤はお互い塗り固められていないので、先制攻撃を仕掛けることができれば相手は後ろに引く塗りが確保されていないことも多く追撃が狙えます。

塗りに関してはお互い様な状況なことが多いので無理に攻めすぎると敵に囲まれてしまいキルタイムの差で撃ち負けてしまうこともあるので注意。

ステップ 2

敵の高台下を抑えて牽制を仕掛ける!

スクリュースロッシャーの立ち回り 

サブにロボットボムがあるので長射程や高台への牽制を仕掛けることができます。

牽制や誘導に使えるので、高台に居座る相手に投げることで自分が有利な高台下に入り込むことが狙えます。

高台下から曲射で攻撃を仕掛け相手の有利ポジションに立たせず、かつ相手を降ろさないような圧力をかけていくことができます。

高台下周辺も塗っておくことで、強引に降りてきた相手に対応しやすくなります。

ステップ 3

ハイパープレッサーで無慈悲に制圧!

スプラトゥーン2 スクリュースロッシャーの立ち回り

ハイパープレッサーは射程と貫通性能で一方的なキルや敵の誘導を仕掛けることができます。

とくにガチヤグラやガチホコでの防衛力はかなり強力なものになります。
ガチヤグラやガチホコは攻めと守りの切り替わりがはっきりとしているのでスペシャルをしっかりと用意しておくことで有利に進めることができます。

スクリュースロッシャーは前よりで動くことが多く、攻め込み時の使い所が難しくなります。

下がりすぎてしまうと前線が下がってしまう可能性もあるため敵の人数状況を確認し下がりすぎない位置から使っい、敵の残党を処理していくような使い方がおすすめです。

前衛よりの中衛のポジションで立ち回るのがおすすめです。
射程とダメージの与えやすさで相手に牽制を加えて前線を維持していきたいです。

射程が長めなので、積極的に敵にインクを当てて行きたいです。
周りの敵が少なく、自分が囲まれそうにない状況であれば、直撃を当てたら強気に前に出て追撃を狙うことができます。

敵の足止めをしつつ、サブのロボットボムを味方の撃ち合いに投げるなどサポート役も担えます。

メインは直撃を当てるのが理想ですが、敵に向けて打てばダメージを加えやすく、小さめではありますがクイックボムのような着弾点の塗りで相手の足場を取ることが狙えます。

距離を詰められてしまうと、連射速度が遅く、直撃を狙っていかないといけないこともあり厳しくなります。

ステージの構造上、射程の優位は誤差になりやすいため、敵の位置を把握し、遮蔽物や壁裏など一方的に攻撃が狙えるような有利な位置で撃ち合っていきたいです。

ヒト速移動が速いので引き撃ちを使って射程を管理してきたいです。

劣勢時は塗りが弱いためクリアリングが甘くなりがちです。
敵がいそうなところには先にロボットボムなどを使って慎重に立ち回りたいです。

スペシャルのハイパープレッサーがあるのでガチマッチのルールに沿った使い方が強力です。とくにメインやサブスペで見るとガチヤグラで光るブキです。

自分よりも射程の短いブキ

ボールドマーカーわかばシュータープロモデラーMGシャープマーカーN-ZAP8552ガロンスパッタリースプラマニューバークアッドホッパーブラックノヴァブラスタークラッシュブラスターホットブラスターパブロホクサイカーボンローラーヒッセンパラシェルタースパイガジェット

直撃範囲ではないが爆風は届く相手

バケットスロッシャーL3リールガンスプラスピナーキャンピングシェルター

スクリュースロッシャーよりもキルタイムが遅いブキ

ラピッドブラスターRブラスターエリートスパイガジェット

撃ち合いの目安

ポジションを無視した平面での撃ち合いでは射程とキルタイムの差が撃ち合いの有利不利に繋がります。

スクリュースロッシャーは全体的に見ると射程が長めです。

キルタイムはかなり遅いブキなので平面では接近されないように射程と爆風で相手を下がらせるて前に出られないような動きを狙ったり、ヒト移動などで警戒に動くいていく必要があります。

平面では不利になることが多いですが障害物を使った撃ち合いではキルタイムの遅さをカバーすることもでき、曲射の強味も押し付けることができます。

連射速度の問題からカサとの対面は不利になります。
カサからすると後出しでも撃ち勝ててしまう可能性が高く、1対1の撃ち合いは避けるのが無難です。

味方と協力して倒すか、側面や背後、障害物を使っていく必要があります。

※ キルタイムは1確ブキは除外しています。

スクリュースロッシャーのおすすめギアパワー

  • 機動力特化

  • ヒト移動速度アップ

  • ヒト移動速度アップ
  • イカダッシュ速度アップ
  • 相手インク影響軽減
  • 機動力を上げることで撃ち合いが有利になります
  • ギアパワーの詳細
  • イカニンジャ

  • イカニンジャ

  • イカニンジャ
  • ヒト移動速度アップ
  • イカダッシュ速度アップ
  • イカニンジャで目的の有利ポジションに向かいやすくなります
  • ギアパワーの詳細
  • スペシャル特化

  • スプラトゥーン2 ギアパワー スペシャル性能アップ

  • スペシャル性能アップ
  • イカダッシュ速度アップ
  • ヒト移動速度アップ
  • ハイパープレッサーの発動時間を長くすることでキルが取りやすくなります
  • ギアパワーの詳細

スクリュースロッシャーの関連記事

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE