スプラトゥーン2 A帯からウデマエが上がらないイカのための攻略研究所

ヴァリアブルローラーの立ち回りとおすすめギア! ウデマエを上げる3つのコツ!

約 11 分

ヴァリアブルローラーの性能

スプラトゥーン2 ヴァリアブルローラーの使い方、立ち回り攻略

横振り射程
2.0
縦振り射程
4.1
攻撃力
150-30(150-40)

※射程はダメージ射程。()は縦振りの数値。

入手ランク 24
値段 15700
おすすめ度 ★★☆☆☆

ヴァリアブルローラーの特徴 強い・弱いところ

スプラトゥーン2 ヴァリアブルローラーの強いところ

強いところ -Strong point-

振りが早めでキル性能が高い横振りと、振りは遅いものの塗りと射程に特化した縦振りの2つを使い分けていくことができます。

前衛でも後衛でも性能を活かすことができるという強味があります。
インク効率も悪くなく、比較的スペシャルもためやすいです。

サブはスプラッシュシールドなので隙きの大きい縦振りを安全に振っていくことが狙えます。

スペシャルはスプラッシュボムピッチャーなので、爆発ダメージと瞬間的な塗りで前線を押し上げたり、敵の勢いを止めて防衛していくことができます。

スプラッシュシールドがあるので安全にボムをまきやすく、接近されてもメインが使えるため横振りで迎撃も。

  • 横振りが接近戦に強い
  • 縦振りの塗り能力が高い
  • スペシャルが溜まりやすい
遠近両用のブキ性能!

弱いところ -Weak point-

横振り、縦振りの確殺範囲が狭く、1振りで倒すつもりが取りこぼしてしまうことがあります。

使い分けができる反面、最初から接近戦に特化したブキや遠距離に特化したブキと比べてしまうと、そこは物足りないものがあります。

横振り、ジャンプ横振り、縦振りといった選択肢が常にあり、振る速度があきらかに違うため選択を間違うとやられてしまう可能性が高くなります。

サブがスプラッシュシールドなので基本的にはメインでキルを取る必要があり、使い所の把握と単純に使い分けられる操作力がもとめられます。

  • 確殺範囲が狭い
  • 器用貧乏になりがち
  • 横と縦の使い分けが難しい
立ち回りが難しい!
スプラトゥーン2 ヴァリアブルローラーの弱いところ
CHECK!

横振りはスプラローラーより少し速く、縦振りはダイナモローラーより少し速いという遠近両用のローラー。

素早い横振りに、塗りが強い縦振りを備えたことで一見、強力そうに見えるものの確殺範囲が狭くカーボンローラーのようなぎこちなさがあります。

横振りと縦振りに明確な差があるため、使い方しだいでマルチに活躍できる性能があります。

サブがスプラッシュシールドなので、縦振りのすきを和らげ、塗りと射程で圧力をかけることができます。

スペシャルがスプラッシュボムピッチャーなので盤面を塗り替えしたり、前線を押し上げることができます。サブのスプラッシュシールドを使えば安全に投げることもできます。

縦振りの塗りが強くインク効率も悪くないので、どかどか振っているとスペシャルが比較的速く溜まります。

縦振りで塗りを広げ、圧力をかけつつステージを広く使えるようになるので潜伏からのキルも狙えるようになります。

縦振りのすきが大きいため、インクで足を取られた時などに不意にジャンプをすると当然、縦振りになってしまうため使い分けを意識した操作がもとめられます。

また、縦振りは相手からも目立つため場所が悟られやすいです。近寄ってきた相手には横振で応戦するなどの切り替えが重要です。

ヴァリアブルローラーの主な立ち回り

ステップ 1

縦振りで塗りと前線に圧力をかける!

スプラトゥーン2 ヴァリアブルローラーの立ち回り

塗りがない状況で無理に前に出ても返り討ちに合うリスクがあります。

中央よりも手前の塗りを作ったり、射程を活かした縦振りで牽制したり味方の撃ち合いのカバーに入るのがおすすめです。

縦振りで横振りが使いやすくなるような盤面を自分で作ることが狙えます。

マップをちょこちょこ確認して、敵の裏取りを常に警戒して後ろが壊されないようにケアしていくもおすすめです。

ステップ 2

潜伏からの横振りでキルを狙う!

ヴァリアブルローラーの立ち回り 

ある程度、盤面が整ってくると自由に動くことができます。
前に出て潜伏から横振りでキルを狙っていくのがおすすめです。

後ろから縦振りで塗りや牽制だけの動きとなると、純粋な長射程ブキに劣ってしまいます。横振りの接近戦の強味も活かしていくのが強味になります。

相手からするとどこいにてもやっかいな存在になることが狙えます。
高台でバシャバシャやっていたかと思っていたら、前に詰められていたという心理的なプレッシャーを与えることもできます。

ステップ 3

スプラッシュボムピッチャーで前線を押し上げる!

スプラトゥーン2 ヴァリアブルローラーの立ち回り

スプラッシュボムピッチャーは前線の押し上げや敵を退ける防衛の要としても使い勝手がいいです。

ボムによる爆発ダメージと塗りで瞬間的な強さがあります。

スプラッシュシールドを使ってから発動することで発動中の隙きを軽減できるので安全にボムをまいていくことができます。

スプラッシュボムピッチャーの発動中はメインも使えるので、止めに無理に突っ込んでくる相手には横振りでの迎撃が狙えます。

主に中衛のポジションで縦振りの塗りと横振りで接近戦で相手を倒すマルチな立ち回りがおすすめです。

機動力がそれほど高くないため、序盤は縦振りの塗りと射程の長さで相手に圧力をかけていきたいです。

縦振りはすきが大きく、相手から自分の場所が悟られやすいです。
敵が無理にこちらに攻めてくるようであれば、横振りで迎撃で対応できます。

目立つことも利用して自分に視線を集めることで、味方が自分を狙ってきた相手を倒しやすくすることも狙えます。

縦振りの射程が長いので味方のフォローに入るのも効果的です。
敵の足場を奪ったり、ダメージを加えたりと距離をとれるぶん有利に立ち回れます。

スペシャルのスプラッシュボムピッチャーが溜まりやすいので、前線を押し上げていくことができます。劣勢時や打開時のキッカケとしても効果的です。

塗りが有利な状況であれば、潜伏からのキルが狙いやすくなるので塗りに潜伏にと臨機応変に動けるようになります。

ヴァリアブルローラーを放っておけば、塗りとスペシャルで攻められ、不用意に近づけば横振りのキルがあるといった、威圧感を与えることができます。

横振りにしろ縦振りにしろできる行動のパターンが多く、使い分けが難しいです。確殺範囲も狭いことから安定したキルも取りづらいです。

両方の振りをどちらも活用できないと、ブキとしての個性に欠けてしまうため、どちらか片方だけを尖らせた動きを狙うのであれば、別ブキがおすすめです。

ヴァリアブルローラーのおすすめギアパワー

  • スプラッシュシールド特化

  • インク効率アップ(サブ)

  • インク効率アップ(サブ)
  • サブ性能アップ
  • イカダッシュ速度アップ
  • スプラッシュシールド展開後のインクに余裕を持たせることができます
  • ギアパワーの詳細
  • イカニンジャ

  • イカニンジャ

  • イカニンジャ
  • イカダッシュ速度アップ
  •  
  • イカニンジャで相手の距離を詰めやすくなります
  • ギアパワーの詳細
  • 機動力特化

  • スプラトゥーン2 ギアパワー イカダッシュ速度アップ

  • イカダッシュ速度アップ
  • メイン性能アップ
  • カムバック
  • キルのリスクケアと機動力を重視した立ち回りにおすすめ
  • ギアパワーの詳細

ヴァリアブルローラーの関連記事

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE