スプラトゥーン2 A帯からウデマエが上がらないイカのための攻略研究所

ハイドラントカスタムの立ち回りとおすすめギア! ウデマエを上げる3つのコツ!

約 13 分

ハイドラントカスタムの性能

スプラトゥーン2 ハイドラントカスタムの使い方、立ち回り攻略

射程
4.8(6.0)
攻撃
32(40)
連射力
4F

※()は塗り射程、フルチャージ時のダメージ

サブ トラップ
スペシャル インクアーマー
SP必要P 200p
入手ランク 29
値段 33300
おすすめ度 ★★★☆☆

ハイドラントカスタムの特徴 強い・弱いところ

スプラトゥーン2 ハイドラントカスタムの強いところ

強いところ -Strong point-

射程が4.8本ぶんと長く、ほとんどのブキで射程が勝っています。
攻撃力も高く、フルチャージをすることで1発32ダメージから1発40ダメージに上昇させることができます。

フルチャージでの攻撃力の高さと連射力で圧倒的なキルタイムを持っています。

長射程でありながらスパッタリーのスライド射撃と同等の速度で敵を倒すことができます。

サブにトラップがあるので奇襲の警戒やマーキングによる迎撃が狙えます。

スペシャルはインクアーマーなので前線の味方をサポートしていくことができます。

  • 射程がかなり長い
  • サブスペで味方を支援
  • 攻撃力が高く、敵を倒す速度が早い
圧倒的な攻撃力と射程!

弱いところ -Weak point-

メインの性能と引き換えにチャージを必要とします。
基本的にはフルチャージで運用していきたいこともあり長いチャージ時間がネックになります。

ヒト状態を多くさらすため、敵から自分の位置を悟られやすく対応されてしまう可能性が高くなります。

インク消費も多いため、フルチャージを撃つさいは敵を倒すのが理想となります。

チャージ時間を必要とするため、前線での撃ち合いは味方に依存してしまいがちです。
ハイドラントは重量級なうえ、チャージが必要なことが加わり機動力は低いです。先手を取った行動も必要になります。

     

  • フルチャージの時間が長い
  • 重量級なこともあり機動力が低い
  • メインでキルが取れないと状況が悪くなりやすい
押し込まれると厳しい!
スプラトゥーン2 ハイドラントカスタムの弱いところ
CHECK!

メインの性能はハイドラントと同じ。インクを打ち出すにはチャージを必要とする長い射程と連射力が持ち味のブキ。
フルチャージまでに約2.5秒ほどかかるものの、フルチャージでの攻撃時間は約4秒と長い。

チャージさえしてしまえば、相手を寄せ付けない強さがあります。
フルチャージをすることで攻撃力が40ダメージになるため連射力と合わせると敵を倒す速度が圧倒的です。

スパッタリーのスライド射撃の速さとほぼ同じで、射程もジェットスイーパーなみに長いという性能を持っています。

ただし、フルチャージではなく半チャージだと攻撃力は32ダメージになり、チャージ時間も遅いためバレルスピナーの劣化版になってしまいます。チャージ時間にハンデあるため、塗り効率も悪いです。

フルチャージさえしてしまえば、驚異的な性能で圧倒できます。
どれだけ上手くフルチャージを溜められるかがポイントになるブキです。

サブはトラップなので、裏取りの警戒に便利です。一方で索敵や牽制の手段が減ってしまったので、より状況の確認が必要になります。

スペシャルはスーパーアーマーなので、前線の味方をサポートしていくことができます。

打開のキッカケをにも使えるため、防衛力が高いサブスペの構成です。

クセが強いブキですが、相手を寄せ付けない強さがあります。

ハイドラントカスタムの主な立ち回り

ステップ 1

高台などから攻撃を仕掛ける!

スプラトゥーン2 ハイドラントカスタムの立ち回り

初動は見通しがよく射程を活かせる高台に構えるのがおすすめです。
射程に入った敵を迎撃したり、味方の撃ち合いのカバーに入って、インクを的に向けて撃っていくと強味を活かしやすいです。

基本的に前線で立ち回るブキのほうが早くデスしてしまいます。
カバーに入りキルを取ることができれば実質1:1交換になります。

漏れてきた敵の処理もしていくことで前線が下がらないようにしていくこが狙えます。

余裕があれば裏取りや奇襲対策にトラップを設置していくのも効果的です。

ステップ 2

射程で圧力をかけ、キルを取る!

ハイドラントカスタムの立ち回り 

ハイドラントはチャージ時間が極端に長いので他の長射程よりも場所がばれてしまうと不利になります。

相手のボムなどが投げ込まれてしまうと、まともにメインを使うのが難しくなります。

ポジションを変えつつ、射程が活かせる場所から敵を倒していくのが理想的です。射程に入ってきた敵を倒す長射程の奇襲ブキといったイメージで運用すると比較的キルが取りやすくなります。

機動力はないので、Aの高台が取られていたらBから狙うといった感じで、あらかじめ散歩でいくつか強ポジを見つけておくのがおすすめです。

ステップ 3

インクアーマーで前衛をサポート!

スプラトゥーン2 ハイドラントカスタムの立ち回り

前線が上がってきたら奇襲対策などに設置していたトラップを今度は積極的に前に設置していくのがおすすめです。

基本的には自分よりも前線で撃ち合う味方のほうがデスするのが早くなります。射程が長いとはいえチャージの都合上、カバーに入れないこともあります。

あらかじめトラップを前に設置しておくことで前線が崩れたときにトラップで敵の侵攻を少し遅らせることが狙えます。

インクアーマーがあるので前線のサポートに使うのがおすすめです。
ハイドラントカスタムはインクアーマーで自分が突っ込むというブキではないため、自分に使うというよりかは前線の位置に応じて使うのが理想的です。

主に後衛のポジションで活躍するブキ。
攻撃力の高いインクの弾幕を広範囲に使って、敵に圧力をかけることができます。

なるべくフルチャージを使っていきたいので、相手の攻撃の的にならない位置で的確にチャージしていく必要があります。

1週目の半チャージでもバレルスピナーなみの迎撃性能はあるため急な場合は半チャージでも対応できます。

機動力が低く、チャージ時間もかかるため前線での立ち回りは難しいので射程を活かした位置で動いていきたいです。

とはいえ、同じ場所で撃ち続けていても相手に対応されやすく、メインだよりの動きになってしまうので注意したいです。

チャージ中にボムなどを受けるとイカ移動で逃げることにもなりやすく、チャージに使った時間が無駄になってしまいます。

後衛というポジションに加えて、チャージの長さを利用して状況の確認が長くとれるので冷静に対応していきたいです。

また、ハイドラントはチャージャーなみの射程がありつつ、チャージャーとは違い曲射を使った攻撃の手段があります。

キルを取るのは難しいですが壁裏や遮蔽物に隠れた相手にも攻撃ができるので活用していきたいです。

基本的な立ち回りはハイドラントと同じではありますが、こちらはメインを存分に使いやすい反面、索敵や牽制での影響は低くなっています。

接近戦に弱いので、裏取りからの奇襲をサブのトラップで警戒していきたいです。設置型のサブなので、メインにインクを消費しやすくなるメリットもあります。

スペシャルのインクアーマーは攻めのキッカケを作りやすいので、味方の状況を見てタイミングよく使っていきたいです。

機動力が低いため、ルールへの関与に遅れてしまいがちです。
前線に出るには難しく、後ろに下がりすぎると圧力に乏しくなるため、状況をしっかりと見て動いていく必要があります。

フルチャージの威力と引き換えに、状況判断能力が必要になるブキです。

ハイドラントカスタムよりも射程の長いブキ

オーバーフロッシャースプラスコープ4Kスコープ

撃ち合いの目安

ポジションを無視した平面での撃ち合いでは射程とキルタイムの差が撃ち合いの有利不利に繋がります。

チャージ時間の長さが難しくなりますが、射程とキルタイムは圧倒的なものがあるのでこれを押し付けていくのが強味となります。

接近戦はいちおう半チャージで対応できるものの、決して得意というわけもないので背後や側面をつかれないように注意する必要があります。

チャージャーやエクスプロッシャーとは、やや相性が悪いので先手を仕掛けるのが理想となります。

ハイドラントカスタムのおすすめギアパワー

  • 機動力特化

  • ヒト移動速度アップ

  • ヒト移動速度アップ
  • 相手インク影響軽減
  • インク回復力アップ
  • ヒト移動速度を上げることで撃ち合いを強化することができます
  • ギアパワーの詳細
  • メインインク特化

  • イカダッシュ速度アップ

  • インク効率アップ(メイン)
  • イカダッシュ速度アップ
  • ヒト移動速度アップ
  • 射撃回数を増やすことでメインを使いやすくすることができます
  • ギアパワーの詳細
  • 復活ペナルティアップ

  • スプラトゥーン2 ギアパワー スペシャル増加量アップ

  • 復活ペナルティアップ
  • ヒト移動速度アップ
  • メイン性能アップ
  • 後衛で積極的にキルをとる立ち回りと相性がいいです
  • ギアパワーの詳細

ハイドラントカスタムの関連記事

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE