スプラトゥーン2 A帯からウデマエが上がらないイカのための攻略研究所

パブロ・ヒューの立ち回りとおすすめギア! ウデマエを上げる3つのコツ!

約 11 分

パブロ・ヒューの性能

スプラトゥーン2 パブロ・ヒューの使い方、立ち回り攻略

射 程
1.4
攻撃力
30
塗り進み速度
1.92
サブ トラップ
スペシャル イカスフィア
SP必要Pt 160p
入手ランク 7
値段 7000
おすすめ度 ★★★☆☆

パブロ・ヒューの特徴 強い・弱いところ

スプラトゥーン2 パブロ・ヒューの強いところ

強いところ -Strong point-

塗り性能が高く、バシャバシャと塗っていくことができます。
ZRボタンを長押しして使う塗り進みの速度が早さも魅力です。

軽量級なブキであるため、素の状態の移動の軽さも加わり、ステージを広く使って盤面を素早く塗り拡げていくことができます。

素早くトリッキーな動きができるので相手の視線を自分に集めることができます。自分に夢中になっている敵を味方が倒しやすくなったり、カウントを有利に進めるといった動きが狙えます。

サブにトラップがあり、パブロは機動力が高いため中央よりも前に設置していくことができます。
ガツガツ塗って、トラップも設置し相手の勢いを緩和していくことが狙えます。

前に出ていく過程でやばいと思ったらイカスフィアで応戦することもできます。前線の押し上げや維持が狙えます。

  • 塗り性能が高い
  • 塗り進みの速度が早い
  • 相手の視線を奪いやすい
トリッキーな動きで塗りと強襲を狙う!

弱いところ -Weak point-

ダメージ射程の短さや攻撃の速度も連打に依存することもあり敵を倒す速度が安定しません。
もともとの敵を倒す速度も遅く、姿を多くさらすため敵からの横槍でやられてしまうこともあります。

パブロ・ヒューはパブロと違い、長射程や高台への直接的な牽制手段がありません。

トラップはマーキングと塗替えしができ強力なサブではありますが、劣勢時の場面では適切に設置していくのが難しくなります。

相手に押し込まれてしまうとブキの強味が出しづらいです。

イカスフィアも単体での使用では打開に限界があるため味方の動きを合わせていく必要があります。

  • 射程が短い
  • 防衛力が低い
  • 敵を倒す速度が遅い
敵を素早く倒すのが難しい!
スプラトゥーン2 パブロ・ヒューの弱いところ
CHECK!

メインはパブロと同じ。ZR連打で筆を振り回し、広範囲にインクを撒き散らせ、ZR長押し+移動で、細いローラーで塗り進めることができます。
接近さえしてしまえば攻撃範囲が広く、飛沫をあげるので相手の視界を遮る効果があるため相手を倒しやすいです。

ZR長押し+移動のローラーは20ダメージありますが、ダメージを与える目的よりかはスムーズに移動したり、逃げたりするのに便利です。

フデの振りは広範囲にインクをまけ、パブロは連射力もあるので多くの範囲を塗れます。機動性も合わせて、かなり塗り広げることができます。

反面、攻撃力は低く、射程も短く、隙きも大きいため敵を倒すのが難しいです。

サブはトラップなので、機動力を活かして相手の侵入ルートに仕掛けたり、爆風ダメージを乗せるためにトラップに誘い込むなど相手にとってやっかいな動きができます。

スペシャルはイカスフィアなので、メインの動きと合わせた動きが狙えます。

パブロを直接的な攻撃を狙う動きに対して、パブロ・ヒューはより相手の誘導や時間をつかわせる動きなどといった有利な盤面を作るゲームメーカーのようなブキです。

パブロ・ヒューの主な立ち回り

ステップ 1

素早く塗りを広げていく!

スプラトゥーン2 パブロ・ヒューの立ち回り

塗り進み速度が早いの開幕は、その速さを活かしてカーリングボムのように味方を中央まで先導していくのも効果的です。

正面の撃ち合いには弱いです。塗り進み速度の速さで左右に動いても結局自分の前にくると読まれてしうと相手はエイムを正面に合わせておくだけでよかったりします。

序盤は相手の視線を自分に集めたり、ステージを広く使えるように素早く塗り広げていくがおすすめです。

相手の裏取り防止に裏取り地点にトラップを設置するのもありです。

ステップ 2

相手の動きをかき乱していく!

パブロ・ヒューの立ち回り 

ある程度、盤面が整ってくるとできることが増えてきます。
敵を倒す速度が遅いといっても相手の側面や背後からの奇襲は刺さりやすいです。金網などの移動も塗り進みで素早く移動できるので、ちょっとした裏取りも狙えます。

パブロはキルを取れなくてもゲームに影響を出す動きがとれます。

素早く敵陣に侵入することができ、敵の視線を集めることができます。
倒せなくても自分に時間を長く使わせることでカウントを有利に進めたり、自分につられている敵を味方が倒しやすくなったりします。

リザルトには表示されない部分ではありますが、相手にとっての影響力は大きなものになります。

自分が突っ込んでデスするのを繰り返してしまうと、いないのも同じ結果になってしまいます。

ステップ 3

イカスフィアで自衛や強襲を!

スプラトゥーン2 パブロ・ヒューの立ち回り

塗り性能の高さと必要ポイントの少なさから回転率が高いです。

複数の敵や場所がバレている相手に対しては弱い部分がありますが、そういった状況でも無理せずイカスフィアで自衛することができます。

潜伏から相手と距離を詰めて、突然イカスフィアで襲いかけるのもおすすめです。

相手からすると急なこともあり、スフィアを割るのが難しく引くのか割るのかの中途半端な感じにしやすくなり、敵を大きく動かすことが狙えます。

主に前衛よりのポジションで相手の視線をこちらに集めたり、潜伏や機動力を活かした奇襲をしかける立ち回りがおすすめです。

メインのキル性能は高くないので、正面からでは射程が短いこともあり打ち負けてしまいます。

キル性能が高くないということが最初からわかっているので、無理に攻め込む必要がなく逃げることを前提にした動きができます。
ヒットアンドアウェイで相手を引っ掻きますことで、自分に注目を集めることもでき味方の潜伏からのキルなどが刺しやすくなります。

また、どのルールでも時間というものがあり、こちらが優勢の場合はこうして自分に時間をつかわせることで、自分を倒すのかカウントを止めにいくかの選択肢を相手に与えることができます。

味方の撃ち合いのフォローに入るのも効果的です。

まれに無鉄砲に突っ込むといったことを見受けますがこれはおすすめしません。
機動力があるものの、良くも悪くも目立ってしまうため、不用意に相手のインクに飛び込むと簡単にやられてしまいます。
仲間がカバーできる位置、仲間をカバーできる位置取りが理想です。

サブのトラップも相手を嫌がらせるには充分です。
トラップは2つまで設置できるのでなるべく常に2つ設置していきたいです。

イカスフィアがたまった状態であれば多少無理な裏取りも狙えるので状況を見て狙うのもありです。

塗りとヘイト稼ぎがこなせるトリッキーなブキので、状況を見た動きで相手を翻弄していきたいです。

パブロ・ヒューのおすすめギアパワー

  • カムバック復短

  • インク効率アップ(サブ)

  • カムバック
  • 復活時間短縮
  • ステルスジャンプ
  • キルが取りにくいことと前線の復帰を早められるのでおすすめ
  • ギアパワーの詳細
  • スペシャル特化

  • スペシャル増加量アップ

  • スペシャル増加量アップ
  • スペシャル減少量ダウン
  • スペシャル性能アップ
  • イカスフィアを積極的に使っていく立ち回りにおすすめです
  • ギアパワーの詳細
  • 機動力特化

  • スプラトゥーン2 ギアパワー イカダッシュ速度アップ

  • イカダッシュ速度アップ
  • メイン性能アップ
  • カムバック
  • 復帰後のケアと機動力を重視した立ち回りにおすすめ
  • ギアパワーの詳細

パブロ・ヒューの関連記事

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE